ブタペスト

中央ヨーロッパの旅

こんにちわ!広告宣伝部の中橋です 😮
今回もやって参りました、松井チーフの世界旅行シリーズです☆
住まいというのものは様々な環境や文化の影響を受けてますよね!
日本の近代建築も世界の建築に影響を受けていることは周知の事実だと思います。

チーフの写真には建物や街並みが写っているため、風土や建物を知る勉強なります。
とくに今回の旅ブログも色々な有名建築家の建物を回ってきたというお話だったので、すごく興味深い内容となりました。
一般家庭ではなかなか採り入れづらいものもあるかもしれませんが、インスピレーションが湧くかもしれませんよ
もしよろしければ、皆様最後までご愛読のほどよろしくお願いいたします。

 

★イシュトバーン大聖堂
はじめはハンガリーのブタペストにあるイシュトバーン大聖堂からです。
こちらで有名なのはハンガリーの初代国王イシュトヴァーン1世の右手のミイラです。
実際にまだミイラが納められており、見ることができるそうです。
イシュトバーン

★工芸美術館
ハンガリーの芸術家レヒネル・エデンがハンガリー建国1000年記念に建てた建築物です。
特に外観が圧巻でジェルナイ焼きの屋根の瓦が日本の瓦と異なる色彩をしているので魅力的です
工芸美術館

★国会議事堂
ハンガリーの国会議事堂のライトアップ写真です。
国会議事堂の建設にはおよそ1000人が従事し、4000万個のレンガ、50万の宝石と40kgの金が使われたといわれているそうです。
日本でもライトアップされる建物がたくさんありますが、このように美しく建物が浮き上るように計算されて照明があてられている様子をみると並々ならぬ建物のこだわりを感じるのは私だけでしょうか。。。
国会議事堂


★シェーンブルン宮殿

ウィーンにあるハプスブルク王朝の有名な離宮です。
女王マリア・テレジアが好んだ黄色をテレジアイエローといいますが、この色はテレジアの愛したイエローではなかったそうです
外壁には金色を塗ろうとしたそうですが、財政の問題で金色に近い色にしたとか。。。
それでも荘厳で綺麗な色合いの建物ですよね。人が小さく見えてびっくりしました。
シェーンブルク宮殿

 

★アドルフロースの建築物 ミヒャエル広場のロースハウス
20世紀を代表する有名なオーストリアの建築家アドルフ・ロースの建物です。
「装飾は罪悪(犯罪)である」という名言が有名な建築家で、装飾をそぎ落としたモダニズム建築の先駆者的な作品といわれている超有名な建物です。
今では日本でよく見かけるようなシンプルな雰囲気の建物ですが、当時はとても新鮮だったのでしょうね。ハンガリーの街並みをみると納得です。
アドルフロース

★アールヌーヴォ様式の建築
言わずと知れたアールヌーヴォ様式の建築です。その装飾性は独特で目を惹きます。
モダンですが華やかでもあり、女性が好む可愛らしさがあります。
アールヌーボ


★オットー・ワーグナーのウィーン郵便貯金局

こちらもオーストリアの超有名な建築家オットー・ワーグナーの建築物。
特にこのウィーン郵便貯金局は過渡期の作品で、近代建築の抽象的空間を象徴しているとか。。。。
オトワグナ

足元はガラス貼りになっていて無機質ながらも機能的な空間になっています。

オットワグナ2


★フンデルトヴァッサーの建築物

1928年生まれのオーストリアの画家・建築家フンデルトヴァッサーの建築です。
日本ではちょっと前に「大阪市環境局舞洲工場」のデザインで有名になっていましたね。
曲線を多用した様式が有名で、こちらの建物でも摩訶不思議な曲線が見られて興味深い様相となっています。
フンデルトバッサー
中は喫茶店で、食事もできます。内装も独特で、異空間にきたような雰囲気がします。
フンデルトバッサー

★セセッション館
別名分離派会館と呼ばれ、ウィーン分離派の展示施設です。
金のキャベツという別名でも知られており、オルブリッヒの設計で建てられました。
中にはクリムトの「ベートーヴェン・フリーズ」等が展示されています。

分離派会館

 

★メルク修道院
ドナウ川を見下ろす岩肌に建つ、テレジアイエローの建物です。
接収したり解散させた時期など、様々な困難を得て今でも生徒を擁しています。
メルク
建物内のらせん階段です。アンモナイトのような・・・と思ったのは私だけでしょうか
らせん階段

 

★聖ヴィート大聖堂
ゴシック建築の代表ともいわれる建物で、チェコで一番重要な聖堂です。
個人的には高校生の時に教会特集のような図鑑をみてとても印象に残っている建物で、重厚感に驚かされた思い出があります。
c25_seivi-to

有名なミュシャのステンドガラスです。綺麗ですね。

 

c26_missya

さて、その他色々ご紹介したかったのですが、今回の旅ブログ終了です。
今回は主に建築に注目してみていきました。気になった建物があればぜひ観光へ行ってみてくださいね(笑)

最後にお気に入りの1枚はこちらを選びました。
あちらには専用の看板職人の方がいるそうです。きらびやかで幻想的ですね。
オーストリア看板

センチュリー21穂高住販
京都府宇治市広野町西裏38−3
0774-41-7000

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スタッフ記事

  1. TOTOにて集合写真
    9月15日(金)工務部の監督、コーディネーター+専務で福岡県の小倉へ、TOTOミュージアム&小倉…
  2. 笑顔で接客
    どうも、こんにちわ広告宣伝部の中橋ですもうすぐ9月も終わりかと思っていたところで、嬉しいニュ…
  3. ブタペスト
    こんにちわ!広告宣伝部の中橋です :-o今回もやって参りました、松井チーフの世界旅行シリーズです…
  4. ゲル

    2016/2/14

    モンゴルの旅
    こんにちわ!広告宣伝部の中橋です :-)今日の夜中はすごい豪雨でびっくりしましたが、昼には晴れて…
  5. こんにちわ!今回桂店のチラシ用にスタッフが写真を撮っていたのですが、少し面白かったのでブログ…

ピックアップ記事

  1. 丸太切り
    こんにちは、営業事務の吉本です!(^^)!ではでは早速ですが10月8日、9日の桂店ほだパーの…
  2. こんばんは。営業部の滝田です。明日、9/30(土曜) 明後日、10/1(日曜)の 11時~1…
  3. 皆様、おはようございます。営業部の滝田(たきた)と申します。 9/30(…
PAGE TOP